100人いれば、100通りのお葬式。お葬式のご相談は、感動葬儀の「むすびす」へ。

お焼香のマナーや手順

お焼香には、様々な方法があります。

普段から葬儀に馴染みがないため、なかなか覚える機会がなく、「お焼香は前の人と同じようにやればいい」と思っている方もいるのではないでしょうか。

ここでは、改めてお焼香のマナーや基本的な手順についてご紹介します。

お焼香には、立礼・座礼・回し焼香の3つのスタイルがある

一般的に、立礼焼香は葬儀会場での葬儀、座礼焼香は自宅や寺院での葬儀、回し焼香は会場が狭い葬儀や参列者が多い葬儀で行われます。

3つのスタイルの基本的なマナーや手順を紹介します。

①立礼焼香
椅子席のある葬儀会場では、立礼のご焼香が行われます。手順は、焼香台の手前で止まり、遺族と僧侶に一礼。身を正して遺影に合掌、また一礼します。続いて焼香台に進み、お焼香。再び合掌して、最後にもう一度遺族に一礼して席に戻ります。

②座礼焼香
畳敷きの和室などがある自宅や寺院の葬儀では、座礼のご焼香が行われます。手順は、座礼焼香も立礼焼香も同じですが、まっすぐ立ち上がらず、移動の際は腰を落とし、お焼香をする時は正座で行います。

このときの移動法を「膝行・膝退(しっこう・しったい)」と言います。親指だけ立てて、他の指を握り、両腕を身体の両脇よりも少し前に置き、体を持ち上げるようにしながら膝を前に出して移動します。

③回し焼香
座ったまま焼香炉(ご焼香をする箱)を隣の人に順番に渡しながら行うお焼香のスタイルです。手順は、隣の人から回ってきた焼香炉を軽く会釈して受け取り、自分の前で立礼と同じ手順でお焼香をします。遺影に向かって合掌し、終わったら隣の人に回します。椅子席の場合は、自分の膝の上に焼香炉を乗せて行います。

お焼香は、香炉に落とす回数が宗派によって異なる

お焼香のやり方には、いくつか種類がありますが、基本的には、右手の親指・人差し指・中指の3本で抹香をつまみ、 額の高さまで上げ(押しいただく)、指をこすりながら香炉に落とすという行為を繰り返します。

仏教の宗派によって、指でつまんだ抹香を香炉に落とす回数は異なります。以下にその回数をまとめました。

宗派
焼香の回数
天台宗
特に決まりはない
真言宗
押しいただき3回
浄土宗
押しいただき1~2回
浄土真宗・本願寺派
押しいただかずに2回
浄土真宗・大谷派
押しいただかずに2回
臨済宗
1回(押しいただく、いただかないの定めなし)
曹洞宗
2回。1回目は押しいただき、2回目はそのまま落とす
日蓮宗
押しいただき、1回(または3回)

お焼香のマナーで大切なことは、人それぞれ

紹介したご焼香の回数はあくまでも参考です。宗派によっても、お寺のお考えによって回数が異なる場合があるからです。

故人様の宗派に則ることが、故人を偲ぶ上で大切だという考えの方は、ご焼香の前に、葬儀社のスタッフへご焼香の回数をお尋ねください。

一方で、宗派や作法が分からなくても、心をこめてお焼香すれば、やり方にこだわる必要はないという考え方もあります。

故人を偲ぶ上で、何を大切にされるかは人それぞれ。自身の考えに合った偲び方でご焼香を上げていただくのが、一番の供養になるのではないでしょうか。

私たちが大切な旅立ちを
お手伝いします。

ご葬儀への不安や疑問を解消するため、専門の相談員が24時間365日対応いたします。
残されたご家族が豊かに生きるために、私たちが精一杯お手伝いいたします。

  • 中西 実

  • 谷花 美穂

  • 有坂 立朗

  • 高野 孝徳

  • 平川 雅彦

  • 山本 衣理

  • 小野崎 敦

  • 植竹 祐公

  • 鳥本 拓

  • 古家 崇規

  • 吉岡 雄次

  • 能藤 有紗

  • 中村 元紀

  • 廣間 一生

資料請求・ご相談はこちらから

既に他の葬儀社で御遺体を搬送されたあとでもご依頼可能です。
大切な方との最期のお別れは、信頼できる葬儀社をお選びください。