100人いれば、100通りのお葬式。お葬式のご相談は、感動葬儀の「むすびす」へ。

私たち“むすびす”について

むすびすの原点

  • 1.命を輝かせる・命をむすぶ

    代表の中川がブライダル業界に従事していたころ、仕事での繋がりが増え自分自身が様々な方のお葬式に出る機会が増えていく中で、葬儀に対する違和感を抱き始めました。


    結婚式は、お客様にとって必要な情報が世の中に出回っており、お客様に合わせた自由なスタイルで結婚式を提供することができます。


    一方で、同じ冠婚葬祭業である葬儀に至っては正反対でした。

    葬儀に関する情報は少なく、お葬式自体も形式ばかりを重んじた式典といったものです。旧態依然として、形式通りに進行することが重視されるお葬式ばかりが世の中に溢れ返っていました。


    お葬式は「人の死の報告会」であってはならない。


    残されたご遺族が明日から前を向いて生きていけるようにすることに、本質的な葬儀の価値があります。そして、そのカタチは『100人いれば、100通りのお葬式』があります。


    大切な人の死を通じて命の輝きを知ること、残された者へと故人様の命のバトンを結んでいくことがお葬式の核心だと気づき、お葬式を通じて、人の『命を輝かせる・命をむすぶ』ことを私たちの使命にしていきたい、そんな切なる想いから始まったのが、むすびす株式会社です。

葬儀業界の国家課題

  • 2.100人いれば100通りの葬儀をスタンダードに

    実際に生じている国家課題は大きく2つあります。


    1つ目は「身内が亡くなったにも関わらず、すぐに葬儀ができないご遺族様の増加」です。少子高齢化と年間死亡者数の増加によって、サービスの需給バランスが崩れています。


    葬儀施行数は増加し続けていますが、対応できる葬儀社が追いついていません。


    葬儀の低単価化の潮流や人材不足によって倒産する葬儀社が増加してきていることや、ご遺体の安置場所や火葬場が空いていない状況が続いています。


    2つ目は「葬儀業界全体の低付加価値化の進行」です。

    サービスの低単価化・簡素化ばかりに焦点が充てられることで、必要最低限のお葬式が提供されるケースが増えています。


    葬儀の本質である「故人様の生き様とご遺族の感情」に焦点を充てた葬儀社の減少は、葬儀体験者の満足度の低下と葬儀というサービスの付加価値の低下を進行させています。


    課題のボトルネックは、葬儀の「低単価・低収益化」の進行と「葬儀業界の人材不足」の加速です。解消するための主軸は、『100人いれば100通りの葬儀』という業界唯一無二のサービスを世の中のスタンダードにし、葬儀の価値を正しく伝え広めていくことで「お葬式の価値向上」「業界全体の底上げ」を実現していくことです。


    その結果として、お客様の満足度向上と業界の今よりも安定した収益化を実現し、業界に優秀な人材を流入させる流れを生み出していけます。その先に、弊社がビジョンとして掲げる「命が輝く、世界を創る」が実現されていくはずです。


    「命が輝く、世界を創る」ことは、当社の力だけでは到底実現できません。同じ業界の葬儀社を”競合他社”ではなく、”同業他社”と考え、葬儀業界全体の価値の底上げを本格的に実現していきます。

  

むすびすのサポート

  

ご家族様のご意見を活かして、より安心していただけるサービスへ。

ご葬儀事例

実際にむすびすのお葬式で葬儀を行ったお客さまから寄せられた声をご紹介いたします。

私たちが大切な旅立ちを
お手伝いします。

ご葬儀への不安や疑問を解消するため、専門の相談員が24時間365日対応いたします。
残されたご家族が豊かに生きるために、私たちが精一杯お手伝いいたします。

  • 中西 実

  • 谷花 美穂

  • 有坂 立朗

  • 高野 孝徳

  • 平川 雅彦

  • 山本 衣理

  • 小野崎 敦

  • 植竹 祐公

  • 鳥本 拓

  • 古家 崇規

  • 吉岡 雄次

  • 能藤 有紗

  • 中村 元紀

  • 廣間 一生

資料請求・ご相談はこちらから

既に他の葬儀社で御遺体を搬送されたあとでもご依頼可能です。
大切な方との最期のお別れは、信頼できる葬儀社をお選びください。