終活において、なにかと忘れられがちな不動産資産のこと。
遺産相続や終活準備に必要な情報を、「行政書士」と「相続診断士」の資格を持つえんたけ先生がお伝えします。

不動産名義についてのポイント

不動産を共有状態にした場合、売ったり貸したりするには、共有名義人全員の合意が必要です。
共有者間で意見がまとまらない場合、合意を得ることが難しく、不動産を動かすことはできません。

そのことが理由で実家を放置してしまい、空き家問題に繋がるケースも多々あります。
また「特定空家等」に認定された場合は、固定資産税が高くなる等…思わぬところで困ったことになる可能性もあります。

アドバイス

親族間での思わぬ相続トラブルを避け、スムーズな相続ができるように準備をすることが必要です。
ぜひ終活の一環として、親が元気なうちに、親の自宅や不動産を引き継ぐことについて家族で話し合いをすることをおススメします
 
 

【行政書士がアドバイス】相続と空き家対策シリーズ

429 Too Many Requests

終活・お葬式のことなら終活メディア